ボールとピン(グリーン)の間に木や林などの障害物があって、真っすぐ狙うことができない──。このような状況では、障害物を避けるために意図的にボールを曲げる「インテンショナルショット」が大きな武器になります。インテンショナルショットを打つには、スウィング軌道をコントロールする方法もありますが、それより「アドレス」を変えたほうが簡単です。なぜなら、体の向きを変えるだけで、いつも通りにスウィングすれば球筋を打ち分けられるからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。