英国経済は、2013年の5月ごろからようやく回復の兆しが見え始めた。特に住宅市場の活況が際立っており、今年7月の住宅ローン残高は166億ポンドと、前年同月比29%増加し、過去7年で最大の上昇幅となった。住宅価格も上昇を続けており、これまでの政府の景気刺激策の成果が出た格好だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。