一般に景気がよくなると株価は上昇し、金利も上昇(国債価格は下落)することで、債券は売られます。この常識が通用しない局面が最近、日本でありました。リフレ政策を前面に打ち出した安倍政権の誕生によって、急激な円安が進み、株価は大きく上昇した局面です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。