中国山東省済南市の裁判所で9月に行われた元重慶市トップ、薄熙来氏に対する裁判は、中国政治史に残る大きな茶番劇といえる。党内の有力政治家だった薄氏を「金まみれの悪徳官僚」であることを国民に印象付けようと、中国当局はいろいろ手の込んだ演出をしたが、そのほとんどが裏目に出た。収賄や公金横領などの罪を問われた薄氏に対し無期懲役を言い渡すまで、被告人の反論を含めて法廷での細かいやり取りが公開されたが、今回の裁判は、権力闘争の延長にすぎないことをますます浮き彫りにした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。