オリンパスの損失隠し事件で英国の重大不正捜査局(SFO)が4日同社を訴追し、第2幕は音もなく上がった。SFOは日本の東京地検特捜部にあたるとされ、法人を訴追するのは初めてのことだから、判決が出るまでの期間や罰金の額などは予断を許さない。それだけに英国での訴追について、各種メディアは淡々と報じているだけだ。しかし意外な急展開を見せるかもしれないのは、むしろこれからだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。