経済小説は「1粒で3度おいしい」と経済小説研究家の堺憲一・東京経済大学教授は言う。(1)小説が持つ「エンターテインメント」、(2)ビジネス書が持つ「情報・知識」、(3)自己啓発書が持つ「生き方や働き方への気づき」を、一読で得られるからだ。その堺氏と2人の作家が、推薦本50選と共に経済小説の楽しみ方を紹介する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。