住宅設備最大手のLIXILグループが“公約実現”に向けて着々と動いている。市場からは無謀とされた「2015年に海外売上高1兆円」という大目標を掲げ、海外案件の大型M&Aを積極化。9月には独住宅設備機器大手のGROHE(グローエ)を約3800億円で買収、海外売上高が4000億~5000億円程度に押し上げられる見込み。今後は内部成長で同7000億~8000億円程度を目指す計画だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。