ようやく安倍晋三首相が来年4月の消費税率引き上げ(5%→8%)を決断した。実施まで半年しか準備期間がなく、これから企業や商店は不安を抱えながら対応に忙殺される。税制の柱である消費税の17年ぶり増税というのに、なぜ時間的余裕を持って実行できないのか。「ギリギリの決断」という政治的パフォーマンスは、永田町の自己満足でしかなく、国民経済には害悪以外の何物でもない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。