「世界No.1のたばこメーカーになる」ことは、いつに、とは言えないが、夢物語ではなく目標である。JTは進出している市場の数では1位と2位にまだ劣るが、ウィンストンやキャメルなど優れたブランドを持ち、ブランドポートフォリオでは負けない。ただ、大型M&Aは今後独占禁止法上難しいため、現実的には小さな積み重ねでライバルを追うことになる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。