安倍晋三首相が来年4月に消費税率を8%へ引き上げることを表明した平成25年10月1日、既に小売業界ではちょっとした“異変”が起きていた。都内のある小売店では、商品の値札に税抜価格と消費税の数字がお目見えした。実は、この日から税抜価格の表示が可能となる総額表示義務の特例を認める「消費税転嫁対策特別措置法」が施行されており、小売業界の間で、消費税率の8%引き上げは“織り込み済み”だったといえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。