大皿に盛りつけられた鰹は分厚く切り分けられ、炙った皮目の香ばしい香りと、断面の鮮やかな色彩が食欲をそそる。東京・池袋にある「樂旬堂 坐唯杏」は、長年にわたり土佐料理の店で働いてきた店主がこだわって作る本場の味が魅力の居酒屋。「鰹土佐たたき」は、いかにも男の料理という感じの豪快な盛りつけで、ボリューム満点だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。