大学のパンフレットや広告に、でかでかと掲載されている就職率。まるで、ほとんどの学生が就職できていると見まがわんばかりだ。しかし実態は大きく違う。その多くは、「就職希望者」に対する「就職者」の比率を出しているが、希望者の人数を操作するなど容易なこと。しかも、就職者にフリーターや派遣社員まで含んでいる大学まであるのだから、とうてい、うのみにはできない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。