「未来へようこそ!」。9月4日にドイツ・ベルリンで開かれた「ギャラクシー・ギア」の発表会。訛りの残る英語とともに、壇上に上がったのは、あどけなさの残るインド人の青年だった。青年の名は、プラナフ・ミストリー。インドの片田舎で生まれ育ち、名門のインド工科大学を卒業後、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。米マイクロソフトやグーグルでの勤務経験もある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。