『オオカミの護符』はまず映画として作られた。本書は映画を作る過程で、東京を中心とする関東甲信越のオオカミ信仰を発見していく過程を書いたもので、じつにおもしろく、東京が今までと違って見えてくる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。