世の中で、必要とされるかまだ分からないものを、「ゼロ」から創り出したいと思う心情というのは、一体どのようなものなのだろうか。「移動のための車、大根のための大根おろしなどは、目的がはっきりしているから売れる。しかし、売れるかどうか分からないものを作ることに、僕は燃える」と、ウェアラブルデバイス「Telepathy One(テレパシー・ワン)」を発明した井口尊仁氏は言う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。