表示盤が500円玉の大きさを超えると、女性は腕に着けない──。デジタル腕時計を手がけるある国内の精密機器メーカーが、数十年にわたる製品開発を通じ、骨身に染みるほど学んだ“鉄則”だ。細い女性の腕に不釣り合いなサイズの表示盤は敬遠され、途端に売れ行きが悪くなるのだという。裏を返せば、500円玉サイズに収めることさえできれば、腕時計型のウェアラブル機器は、男女を問わず幅広く普及する可能性を秘めているともいえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。