上司から再婚パート担当を言い渡されたときに思い出したのは、50代の某金融機関広報氏のことでした。当時、氏は離婚直後。飲みに行くたびに、離婚調停でいかに嫌な思いをしたかを語り、普段は温厚な氏が、そんなときには、じめっとした暗いまなざしになったものでした。「結婚はもうこりごり」「一人暮らしは本当に楽しい。アイロンがけだっていいもんだ」。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。