少子高齢化が急速に進展するなか、生まれた年によって受益と負担が異なる世代間格差が大きな問題になっている。年金、医療、介護など社会保障制度の根幹で受給のバランスが大きく崩れる一方で、財政赤字は拡大の一途をたどり、将来を担うべき若者の雇用不安が高まっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。