東京オリンピック開催が決まり、外国人観光客の増加が期待されるが、足元では東南アジアからの訪日者が急増している。日本政府観光局(JNTO)によると、今年1~7月の訪日外国人数は前年比+22%で、国別ではタイが+56%、ベトナムが+53%と特に高い。台湾の+49%、香港の+47%という近隣の常連国に続き、インドネシアの伸びも+43%と高い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。