「また“彼”が動いているのか?」――。日立製作所と英国――。両者の蜜月ぶりに、競合の重電メーカー幹部が神経をとがらせている。この2年ほどの間で相次いだ、英国での日立のビッグプロジェクト獲得。その陰で心穏やかでなかったが、またも心を揺り動かすような日立の“英国案件”が舞い込んだのだ。後述するが、ヘルスケア事業での実証実験開始がそれだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。