欧州自動車最大手、独フォルクスワーゲン(VW)のフェルディナント・ピエヒ監査役会会長(写真、76歳)が健康問題を理由に退任する、との現地報道があった。ピエヒ会長は、伝説の名車「ビートル」を産んだ設計者、フェルディナント・ポルシェの孫。M&A(企業の合併・買収)を駆使して、VWを世界有数の自動車メーカーへと成長させた立役者だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。