飲料業界のカテゴリの中でも唯一、6年連続プラス成長を維持しているの炭酸飲料。2006年の日本コカ・コーラによる「ゼロカロリー炭酸」、12年のトクホ(特定保健用食品)コーラなど、飲料市場の成長の起爆剤を生んできたカテゴリーでもある。その炭酸カテゴリーからこの冬“最終兵器”が登場する。なんと、温めて飲む「ホット炭酸」だ。日本コカからは、カナダドライ ホットジンジャーエールが10月21日に、キリンビバレッジからは「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」が11月5日に、それぞれ発売される。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。