今号の特集は「頼れる銀行 頼れない銀行」。ドラマ「半沢直樹」原作者、本誌で最新作「銀翼のイカロス」を連載中の池井戸潤さんのインタビューから始まります。「ぼくが描いているのは銀行を舞台にしたエンターテインメント。サラリーマンチャンバラ劇ですよ」。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。