格安航空会社の誕生と参入により、日本の航空市場は質・量共に激変した。新時代の到来といえるが、改革すべきものが残されている。上下分離の非効率な空港の経営改革だ。国が成長戦略の一つに掲げる空港民活化の最前線に迫る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。