インフレ状態から急激に金融が引き締められることで発生する恐慌のことを「安定恐慌」と呼ぶ。この安定恐慌という言葉が「ダイヤモンド」誌面に初登場したのは、1948年7月11日号「日本安定恐慌の特異性」という記事においてである。記事は、第1次世界大戦後のドイツの状況と比較しながら、日本で今後どのような安定恐慌が起こるかを論じている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。