日曜午後9時すぎ、多くの銀行員がテレビにかじりついている。もちろん、メガバンクを舞台にした大人気ドラマ「半沢直樹」を見るためだ。そして、見終わった彼らは決まってこう思うのだ。「あんなまね、自分にはできないな」──。組織の論理に縛られた今の銀行員には難しいのもよくわかる。しかし、半沢のように筋を通すことでしか、失われた取引先からの信頼はもはや取り戻せない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。