検察は、東京電力福島第一原発事故に関し、業務上過失致死傷罪などの容疑で告発・告発されていた当時の東電幹部や政府関係者ら42人全員を不起訴とした。予想されていた結果ではあるが、改めて検察の限界を示した形だ。今回は、検察が不起訴とせざるを得なかった事情や、想定される今後の展開などを示したい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。