サントリー食品インターナショナルは9日、英国の製薬メーカー、グラクソ・スミスクライン(GSK)の清涼飲料事業を2106億円で買収すると発表した。買収するのはスポーツ飲料・エナジードリンクブランドの「ルコゼード」、果汁・濃縮飲料ブランドの「ライビーナ」のブランドと生産設備、営業網、人員などの関連資産で、約797億円の売り上げ規模を持つ事業だ。サントリー食品にとっては、09年に約3000億円で買収したオランジーナ・シュウェップス以来最大の案件となる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。