年金をはじめとする社会保障制度の専門家として、政府の無策やごまかしに、舌鋒鋭く批判を続けてきた鈴木教授。その問題提起は激しい議論を巻き起こし、年金制度に対する国民の関心を高めた。“現状維持派”にとっては、最もやっかいな論敵である。当然ながら、現在の政府改革案にも厳しい目を向ける。あらためて、問題の本質と、解決策を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。