政府の社会保障制度改革国民会議とは別の枠組みで、超党派の国会議員による「国会版」国民会議が今年、開催された。年金制度については、将来の年金支給額を「債務」と表現し、この金額が800兆円に上ると指摘した。なぜ、国会版の国民会議を立ち上げたのか。その意義と問題意識、政府の国民会議への評価を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。