自民党、公明党、民主党で社会保障制度改革を話し合う3党実務者協議(3党協議)。民主は8月5日にここからの「離脱」を表明した。最低保障年金など、民主の看板政策である年金の抜本改革案に自公が反対を続けたからだ。現行制度の何が問題か。民主案なら何が改善されるのか、問題点はないのか、年金問題を熟知する政治家を直撃した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。