昨年11月から始まった政府の社会保障制度改革国民会議は、今年8月6日に安倍晋三首相に報告書を提出した。報告書は、財政赤字や今後の社会保障経費の増加を踏まえ、全世代型の負担や少子化対策の強化を重視したものとなった。ただ年金制度については、現行制度の一部改善を求めたのみ。制度の持続可能性と国民の老後の安心は担保されるのか。年金に関する議論や問題点について聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。