本書は第16代米国大統領エイブラハム・リンカンが奴隷解放をいかに考え、政策として実施していったかを記録したものである。本書はピュリツァー賞、バンクロフト賞、リンカン賞という米国で出版された歴史書に与えられる主要な賞を総なめにした名著である。著者は米国歴史学界の重鎮であり、奴隷解放に至る経過を淡々と、しかもさまざまな角度から実に詳細に描くことで、歴史の複雑さを表現し、読み応えのある著作になっている。現代政治を考える上でも示唆に富んだ論点を多く含む。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。