現行の公的年金制度では、年金に加入していた期間(保険料を納付した期間と免除された期間の合計)が25年以上ないと、まったく年金を受け取れない。この基準が他の主要国に比べて長く、無年金者を増やす原因となっている。そのため、受給資格期間が10年に短縮されることになった。対象となるのは老齢基礎年金、老齢厚生年金、退職共済年金、寡婦年金(※)などである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。