「テレビカメラが入り、インタビューを受けるとなれば、仕方がないかもしれない」(政府高官)──。 8月最後の1週間。東京・永田町の自民党本部は久しぶりに国会議員と各種団体の陳情者でごった返した。昨年末に政権与党に復帰してから初めて翌年度の予算編成をめぐる概算要求を迎えたからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。