低迷を続けてきた建設需要の盛り上がりが顕著である。東日本大震災後の復興工事は、計画の具体化と予算執行がやっとかみ合ってきた感がある。問題は建設労働者不足と高齢化、そして最近の資材価格の高騰である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。