九州新幹線の全線開通や、韓国などアジアからの旅行客の増加、頻繁に開催される国際会議などの需要に支えられて福岡ホテル市場は活況を呈している。ホテル開業ラッシュが続いており、10年で客室数が3割増えたが、「供給に追いつくかたちで需要が伸びており市況はいい」(小濵和彦・JR九州ホテルズ社長)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。