「大阪のビジネスホテルは、いろいろな要因が重なり、今年4月には客室予約が簡単にはできないほど高い稼働率だった」(楽天トラベル)。第1に景気復調で出張需要が回復。第2にLCC(格安航空)8社が関西国際空港に国際便を飛ばすようになったところに、円安でインバウンドが急増。そして、JR大阪駅に隣接する巨大複合施設グランフロント大阪が4月26日に開業し、その準備などで関係者が宿泊する特需が重なった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。