消費税の増税をめぐって、政府が有識者の意見を聴取する「集中点検会合」が8月26日から月末まで6日間の予定で始まった。学者やシンクタンクのエコノミスト、業界代表ら計60人に混じって、増税論議を報じる役割を担っている、新聞社の首脳が意見を述べる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。