東京のビジネスホテルは、完全に有卦(うけ)に入った格好だ。昨年初めからビジネス客の需要は東日本大震災前のレベルに戻っていたが、5月の東京スカイツリー開業以降はレジャー客がぐっと増え、今年4月からは東京ディズニーランド(TDL)の30周年記念イベントも始まった。さらに、円安効果でインバウンド(訪日外国人旅行客)が増えたほか、「政権交代で地方からの陳情などが復活。民主党政権時代は落ち込んでいた赤坂周辺の宿泊需要も盛り上がっている」(日本旅行)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。