パットには「左右対称にストロークする」というセオリーがあります。テークバックとフォローの大きさ(振り幅)を同じにすることで、安定したストロークをつくる、というものです。ところが、左右対称の形を意識するあまり、次のようなミスを招いている人が多くいます。一つはフォローを無理に大きくしようとして、体が左にスウェーしてしまう(目標方向に流れる)。もう一つは「ボールを打つ」という本来の目的がおろそかになり、ストロークのスピード、もしくはインパクトの強さがばらばらになってしまうことです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。