眼科では、レーシックや眼内レンズなど、さまざまな技術の開発によって視力改善の道が大きく開けた。これらの手術は失明など大きな副作用は報告されておらず、自由診療とはいえ、有効性には信頼を置いてよさそうだ。問題は医療機関や医者選びだが、レーシックの場合、眼科専門医が執刀し、「フェムトセカンドレーザー」という種類の装置を備えていることが一つの安心材料だ。手術では角膜の表面を薄く切ってフラップと呼ばれるふたを作成する。この装置があれば、フラップを均一に作成できるので、医者の技量に左右されにくい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。