キヤノンのトップ人事が波紋を呼んでいる。3月29日付で内田恒二社長が相談役に退き、御手洗冨士夫会長が6年ぶりに社長へ復帰する。日本経済団体連合会の会長まで務めた“大物財界人”が、経営の第一線に戻る異例の人事だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。