企業が一般消費者とインターネットを通じてコミュニケーションを行う最も重要なゴールの一つは、消費者に店頭まで足を運んでもらい、自社商品を購入してもらうことである。企業側から見ると、消費者が今まさに何かを買おうとする瞬間に働きかけることができるコミュニケーション手段として、インターネットは効率の高いツールとなる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。