残暑お見舞い申し上げます。まずはページを繰るだけで涼しさを感じる一冊を。『世界の美しい透明な生き物』は、透き通った体を持つ動植物の生態写真集だ。この大冊を手にした人は、わが目を疑うことだろう。何とカエルの体が透明なのだ。内臓や骨格がカラーレントゲン写真のように見えている。中南米の熱帯雲霧林にいるアマガエルモドキ科の仲間。小さくて愛らしい。透明なイモムシは宝石細工を思わせる。深海性のイカ・タコたちは神経系が外から見える。ナマコやナマズや昆虫のカメムシにも有機のガラス細工の仲間がいる。種ごとの解説文も役に立つ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。