著者は、緑内障を引き起こす遺伝子ミオシリンを発見した後、白内障や緑内障の手術を極める眼科医となる。患者と直接向き合う中で、多くの人を救う薬を開発したいと、眼の新薬開発の支援を行うベンチャー企業の経営者になった。このようなキャリアチェンジができたのは、それまでのキャリアをスパッと捨てられたからだという。それまでの人生を捨てる勇気がないと、より大きな次の何かを極めることはできないという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。