8月、安倍晋三首相の意向を受けた菅義偉官房長官は、「成長戦略を考えてほしい」と堺屋太一元経済企画庁長官に内閣官房参与のポストを打診、堺屋氏はこれを受諾した。堺屋氏は今、何を目指すのだろう。緑に囲まれた書斎に伺うと、「成長戦略のあり方」と題した手書きの文書を手渡された。そこには「日本が変わったと信じてもらえることが必要」と記されていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。