スポーツ界で、指導者による体罰と暴力に関する問題が表面化して久しい。この根底にあるのは、指導者のコミュニケーションに関する考え方だと私自身は捉えている。技術や仕事の進め方についてアドバイスをする際、指導者はできるだけわかりやすい表現で伝えようと努める。しかし、選手の受け取り方や理解力には個人差があり、指導者には「自分の教えたことが正しく理解されているのだろうか」という不安が常につきまとう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。