厚生労働省が一月三〇日に発表した「将来人口推計」では、日本の総人口は五〇年後の二〇六〇年に八六七四万人になる。半世紀で人口が四一〇〇万人以上減少する計算だが、これを「産経新聞」は関東の一都六県(人口約四二〇〇万人)が消滅すると表現した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。