株式市場が乱高下を見せているのは、いわゆる“QE3(量的緩和第3弾)”の先行きを巡り、連邦準備制度理事会(FRB)がメッセージの発信に四苦八苦しているからだ。FRBの右往左往ぶりと、その背景について、FRBウォッチャーとして金融市場のプロの間で評価の高いライトソンICAP社のルー・クランドル氏が分析する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。